「e-shopsカート2」が「楽天あんしん支払いサービス」に対応

■要約
日本最大のインターネットショッピングモール「楽天市場」を運営する楽天の会員が、楽天市場以外のショッピングサイトでも楽天会員IDで買い物が行える「楽天あんしん支払いサービス」にレンタルショッピングカートの「e-shopsカート2」が対応しました。


■本文
株式会社ハンズ(本社:静岡県駿東郡清水町、代表取締役:長田敏彦、以下ハンズ)は、自社が提供するレンタルショッピングカートサービス「e-shopsカート2」が楽天株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下 楽天)が提供するオンライン決済サービス「楽天あんしん支払いサービス」に対応したことを発表しました。

「楽天あんしん支払いサービス」は、楽天グループ以外の課金決済を行うサイトに「楽天あんしん支払いサービス」を導入いただくことで、楽天会員が楽天会員IDでお買い物ができるようになるサービスです。「楽天あんしん支払いサービス」を導入いただくと、外部サイト側にとっては決済処理のすべてを楽天に一任でき独自で決済システムの構築をする必要がなくなることに加え、約6600万人の楽天会員がサイトに訪れる機会が増え、その利用実績に応じて楽天スーパーポイントを付与したり、購入の際にポイントを利用したりという特典を提供できるようになります。

このたび「e-shopsカート2」が「楽天あんしん支払いサービス」に対応したことにより、
「e-shopsカート2」利用店は、楽天と別途契約を行えば「楽天あんしん支払いサービス」を簡単に導入することが可能になりました。(PCサイトのみ)

「楽天あんしん支払いサービス」導入店は、自店舗内で楽天会員に対して便利に安心して買い物ができ、且つ楽天スーパーポイントが利用できる環境を提供できることからコンバージョン率のアップが期待できます。



2010年09月30日